都ライト’17パフォーマンスステージ


京都市内の大学サークルやアーティストなど、老若男女に広く楽しんでいただけるパフォーマンスをご覧いただけます。


開催日時 : 11月11日・12日 17:00~20:00
開催場所 : 岩上ホール内駐車スペース
参加費 : 無料

パフォーマンススケジュール

11/11

18:00〜18:30  アンプラグド

18:45〜19:15 hocus-Pocus

20:00〜20:30 真依子コンサート「あかり」(上京OPENWEEK2017関連イベント)

 

11/12

18:30〜18:50 gene

19:00〜20:00 onevoice

 

出演アーティスト紹介

・gene

gene、2017年結成。近畿大学文芸学部舞台芸術専攻の学生である稲垣こと子、新田元、平山輪、細田拓海の4人で結成されたユニット。演劇のみでなく舞踊などコンテンポラリー且つ身体的な舞台芸術作品の創作活動も行う。劇場以外で行われるイベントにも積極的に参加している。
10月に第1回公演『正午の伝説』(作:別役実・演出:細田拓海)を阿倍野STAGE+PLUSにて上演。現在、学外学内問わず活動中。
今回の都ライト公演では、芥川龍之介の『羅生門』をモチーフに、舞踊を創作する。

 

・Hocus-Pocus

2006年9月に発足。同志社大学公認のマジックとジャグリングを中心とした、エンターテインメントサークル。パフォーマンス活動やボランティア活動、ステージ演劇などで活躍中。

 

・onevoice

部員数およそ300人の同志社大学公認のアカペラサークル。都ライトでも例年アカペラでのパフォーマンスを披露している。

 

・アンプラグド

京都大学を中心に活動している京大公認のアコースティック軽音サークル。構成メンバーは京大生に限らず多数で活動している。元々はアコースティックギターでの活動だったが、現在はボーカル、アコースティックギター、ピアノ、ベース、パーカッションはカホンを中心に、ヴァイオリン・チェロといった弦楽器、フルート・サックス・トランペット等の管楽器、南米・アフリカ等の民族楽器、打楽器もボンゴやタンバリンなど、様々な楽器を扱っている。

 

・真依子

koto(箏)を奏でるシンガーソングライター。滋賀県出身。自然の中で育んだ慈愛に満ちた視点から生みだされる作品は、日本の伝統楽器「箏」を表現手段として、想像力豊かな感性で詩い描かれている。2005 年にキングレコードよりメジャーデビュー。CM 音楽、テーマソング、映画主題歌の他、絵本、映画主演など活動の場を広げる。出身地の米原市で、里おこしイベント「伊吹の天窓」を立ち上げる。NHK みんなのうた「ふきとひよこ」 楽曲制作。NHK テレビ番組「ナンダカベロニカ」「シャキーン!」の歌を歌う。2014 年滋賀県 文化奨励賞受賞。クリエイターユニット「PLAiT」結成。ファッションブランドとコラボする など、アートな世界も創り出す。現在、各地でコンサート活動を行いながら、自然と の調和を大切に京町家のアトリエにて創作活動中。